HOME   »  撮影機材
Category | 撮影機材

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FA 31mm F1.8AL Limitedについて

久しぶりに撮影機材について書こうと思います。
今回はペンタックスのフィルムカメラ時代に発売されたリミテッドシリーズから「FA 31mm F1.8AL Limited」についてです。
このレンズの評判はネット上にいくらでもありますので、そちらを見ていただくことにして、自分の感想を書きます。
どうしてもこのレンズ出なければだめと思うことはあまりありません。FA77やタムロンのSP90なんかだと、これでなければだめと思うことは多いのですが。しかしながら、★レンズやこのレンズをとりあえず持ち出していることが多いような気がします。そつなくしっかり仕事をしてくれるそんなレンズでしょうか。
開放F値も明るいので、暗いところやボケがほしい時も使えるし、絞ればシャープだし、画角も標準域で使いやすいと優等生です。

IMGP0891.jpg
ルックスはかっこいいです。

IMGP0892.jpg
緑色の七宝焼きのポイントと絞り値等の文字がかっこいい。

IMGP0893.jpg
フードの形も個性的です。効果はほとんどないと思いますが。

IMGP3918.jpg
PENTAX K-5/FA 31mm F1.8AL Limited
開放1.8 やわらかくボケます。

IMGP5041_20121222231410.jpg
PENTAX K-5/FA 31mm F1.8AL Limited
F2.8に少し絞っています。

IMGP3965_20121222231408.jpg
F5.0 中間絞です。

IMGP3946_20121222231406.jpg
F8.0 絞ればシャープです。

IMGP3914.jpg
F8.0 信頼できるレンズです。

ブログランキング挑戦中!!クリックしていただいた数でランキングが決まります。更新の活力になります。

写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Panasonic LUMIX DMC-LX5について

 パナソニックのLX5について書きます。
 一時期ミラーレス一眼に触手が動いたことがあったのですが、ミラーレス一眼もレンズを装着すると結構かさばることが気になって、それならばK-rにコンパクトな短焦点を組み合わせたほうがましじゃないかと思いとどまりました。その代わりにコンデジの中では画質が良いといわれるLX5を導入しました。
 パナソニックのデジカメにはあまり興味なかったのですが、このLX5やZX3をつかってみて絵作りが非常にうまいと思いました。ビデオカメラでの長年のノウハウ、特に今開催中のオリンピックなんかで使われるプロ用カメラの技術があるからか、素直にきれいな画像を作ってくれます。このカメラの特徴としては、広角側24ミリで開放2.0の明るいレンズはとても便利です。高感度ノイズも少なめなので、ブログ用の画像なら夜景なんかもそれなりに取れちゃいます。AFをはじめとしてレスポンスも早くて操作にストレスを感じません。コンパクトカメラ選びで重要視する露出補正の操作は背面のダイヤルを押し込むと露出補正なるので、スピーディーに操作できます。
 後継機のLX7が発表されましたが、まったく不満がないので長くつきあうカメラになりそうです。
 最近では、身軽に一台持ち出すのはこのカメラを持ち出すことが多くなっています。

IMGP0776_20120731213836.jpg
PENTAX Optio RZ18
標準は取り外し式のレンズキャップですが、JJCのオートレンズキャップに付け替えています。

IMGP0775_20120731213835.jpg
PENTAX Optio RZ18
閉じた状態。

IMGP0778_20120731213835.jpg
PENTAX Optio RZ18

IMGP0779_20120731213835.jpg
PENTAX Optio RZ18
後ろのダイヤルが非常に使いやすい。

以下はこのカメラで撮影した画像です。またしてもアジサイです。
P1000452.jpg
Panasonic LUMIX DMC-LX5
撮ってだしで鮮やかな画像になります。

P1000454.jpg
Panasonic LUMIX DMC-LX5

P1000455.jpg
Panasonic LUMIX DMC-LX5
接近戦ではボケもきれいで使えます。

P1000457.jpg
Panasonic LUMIX DMC-LX5

P1000461.jpg
Panasonic LUMIX DMC-LX5

P1000462.jpg
Panasonic LUMIX DMC-LX5

ブログランキング挑戦中!!クリックしていただいた数でランキングが決まります。更新の活力になります。

写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

GR DIGITAL IIIについて~New road

言わずと知れたリコーの最強スナップカメラ「GR DIGITAL」について書きます。現在は新型のⅣにモデルチェンジしています。
 このカメラの気に入っているところは、まず、コンパクトで携行性がよく、GRグリップによる吸い付くようなホールド性もすばらしくマグネシウムボディや各ボタンの感触もよい。高いデザインと質感のよさがあります。
 レンズについては開放1.9の28ミリ短焦点レンズで、画質についても非常に高い評価を受けているレンズです。明るいレンズですので暗いところでも低感度で撮れるのがありがたいです。このレンズは周辺の画質が優れていることを気に入っています。一眼のレンズをはじめ広角レンズの周辺はゆがんだりにじんだりでとても見えたものでないことが多いのですが、このレンズはしっかりと周辺までシャープに写せると思います。
 それから操作性のよさもあります。このカメラは前ダイヤル(絞り)、後ろにADJレバー(iso)、拡大縮小ボタン(露出補正)と実質3ダイヤルのような使い方ができます。特に露出補正を拡大縮小ボタンに割り振っていますので、瞬時に露出補正ができてすこぶる便利です。
 一眼で広角短焦点のみだとめっちゃ不安なのですが、なぜかGRだけを持っていても、自然に広角28ミリだけですごせてしまうそんなカメラです。

P1000445.jpg
Panasonic LUMIX DMC-LX5
ボディーの質感が高く所有する喜びを感じることができます。モデルチェンジしても旧型になったと感じないので長く愛せるカメラです。

P1000448.jpg
Panasonic LUMIX DMC-LX5
新型のⅣ型は手振れ補正が付きました。Ⅲ型の不満店としては、レンズを繰り出すときに盛大にモーター音がすることでしょうか。Ⅳ型はとても静かです。

P1000449.jpg
Panasonic LUMIX DMC-LX5
画質については、撮って出しのjpegは線が太い感じがしてあまり好きではありません。ですのでもっぱらraw現像で画像は仕上げます。

以下このカメラで撮影した画像です。

最近近所に、新しい道路が開通しました。古川町でも久しぶりの道路開通です。今年行われる「岐阜清流国体」のサッカー会場へアクセス道路に使われます。その道路をスナップしながら原チャリさんぽしました。
R0011282.jpg
GR DIGITAL III
畑の中を進んでいきます。

R0011283.jpg
GR DIGITAL III
高台を走りますので、農村風景を見ながら走れます。

R0011284.jpg
GR DIGITAL III

R0011286.jpg
GR DIGITAL III

R0011289.jpg
GR DIGITAL III
杉林の間にアジサイが咲いてます。

R0011290.jpg
GR DIGITAL III

R0011292.jpg
GR DIGITAL III
やっぱり畑です。その2へ続きます。


ブログランキング挑戦中!!クリックしていただいた数でランキングが決まります。更新の活力になります。

写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

DA 40mm F2.8 Limitedについて

 今回はペンタックスのデジタル用パンケーキレンズの元祖。「DA 40mm F2.8 Limited」について書いてみます。2005年にデビューしたDAレンズのリミテッドシリーズの元祖でもあります。レンズの全長がわずか15mm、レンズ本体90gとほとんどボディーキャップに穴があいているだけのような見た目のレンズです。たまに使用するとボディーだけを持って歩いているような錯覚がおきます。
 フルサイズ換算60ミリ前後というとなんだか中途半端な 焦点距離のような気がしてあまり持ち出すことがないのですが、実際撮影してみると結構違和感なく撮影できます。自分にとってはむしろ換算85ミリ前後のほうが難しいです。(完全にAPS-Cが体に染み付いているようです。)
 描写についてはカリカリシャープだというのが最初に思いつきます。色については、今回改めて撮影して寒色系の色合いでしょうか。緑を撮影したときにきれいに写るレンズという印象があります。
 
IMGP0899.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited

IMGP0903.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
めっちゃ薄いレンズです。最近K-01と一緒に更に薄いバージョンも発売されています。

IMGP0904_20120714113740.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
フジツボ型のレンズフードが付属します。フィルムキャップをレンズキャップの代用ができるということで使っていましたが、ペンタックスフォーラムへ持ち込んだとき、ゴミの混入の原因になるのでやめてください。と言われました。


以下はこのレンズで撮影した画像です。
IMGP4331.jpg
PENTAX K-5/DA 40mm F2.8 Limited

IMGP4333.jpg
PENTAX K-5/DA 40mm F2.8 Limited

IMGP4334.jpg
PENTAX K-5/DA 40mm F2.8 Limited

IMGP4337.jpg
PENTAX K-5/DA 40mm F2.8 Limited

IMGP4338.jpg
PENTAX K-5/DA 40mm F2.8 Limited

ブログランキング挑戦中!!クリックしていただいた数でランキングが決まります。更新の活力になります。

写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

DA 21mm F3.2AL Limitedについて(下小鳥ダム)

ペンタックスの厚さ25ミリ薄型広角レンズ「DA21Limted」の紹介です。厚さが全長25mm”。重さもわずか140gとコンパクトなレンズなので携帯性は抜群です。35ミリ換算32ミリですのでスナップに最適な画角です。とえらそうなことを書いていますが、このレンズは出動率も低くこの画角がイマイチ使いこなせていません。GRデジタルなんかで28ミリ相当オンリーで町を歩いたりすることはあるのですが、このレンズ一本だと物足りないような気がして、FA31やDA35マクロあたりを持ち出していることが多いです。結構よれるので広角マクロとしても使えます。
今回このレンズをメインにして出かけました。

まずはダム湖で風景を撮るところからはじめました。

IMGP0880.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
真正面から非常にかっこいいです。

IMGP0882.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
パンケーキレンズと呼ばれることがありますが、水ようかんくらいの厚さでしょうか。

IMGP0883.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
フードも独特な形でフードの中にフィルターを装着することができます。

以下はこのレンズで撮影した画像です。
IMGP4308.jpg
PENTAX K-5/DA 21mm F3.2AL Limited

IMGP4312.jpg
PENTAX K-5/DA 21mm F3.2AL Limited

IMGP4314.jpg
PENTAX K-5/DA 21mm F3.2AL Limited

IMGP4317.jpg
PENTAX K-5/DA 21mm F3.2AL Limited

IMGP4319.jpg
PENTAX K-5/DA 21mm F3.2AL Limited

このレンズもさすが短焦点ですのでシャープに撮れるレンズだと思います。

ブログランキング挑戦中!!クリックしていただいた数でランキングが決まります。更新の活力になります。

写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

EF-S17-55mm F2.8 IS USMについて

 今日はキャノンの機材について書きます。
 キャノンのEF-Sレンズの大口径標準ズーム「EF-S17-55」です。基本的にはペンタックスのカメラを使っているのですが、風景やスナップなどではじっくりピンとあわせをして、ゆったりと撮影を進めることができます。しかし、イベント等で瞬間で判断し、失敗が許されない場面ではペンタックスのシステムでは少々不安な部分があります。(腕がないということもありますが(´゚∀゚`;)
 そんなときに出動するのは、キャノンのシステムで現在はボディーは7D。標準ズームはこのレンズを使います。
 描写はシャープです。ボケもきれいですので描写的に不満はないと思います。広角側の湾曲は結構あるのですが、どうしても我慢できないときはソフトで補正しますので気にしていません。色合いが寒色系だという評価もありましたが、今期改めてアジサイの撮影で使ってみてあまり感じませんでした。
 リングUSMでの静かで爆速なAF。ISもしっかり利いて信頼できるレンズです。外観や操作感などの質感についてはLレンズと比べると不満がないといえばうそになりますが、APS-Cでキャノンを使うならこのレンズしか考えられません。

P1000436.jpg
LUMIX DMC-LX5

P1000437.jpg
LUMIX DMC-LX5

P1000438_20120708214119.jpg
LUMIX DMC-LX5

以下はこのレンズで撮った画像です。
IMG_4719.jpg
Canon EOS 7D/EF-S17-55mm F2.8 IS USM
飛騨古川のメインイベント「起し太鼓」です。ここ一番、失敗は許されないときはこのレンズです。

IMG_4775.jpg
Canon EOS 7D/EF-S17-55mm F2.8 IS USM
夜のお祭りで光も十分でない厳しい状況でもシャープに写ります.

IMG_5393.jpg
Canon EOS 7D/EF-S17-55mm F2.8 IS USM
以下はアジサイを撮ってみました。ボケを意識しての撮影です。

IMG_5426.jpg
Canon EOS 7D/EF-S17-55mm F2.8 IS USM

IMG_5427.jpg
Canon EOS 7D/EF-S17-55mm F2.8 IS USM

IMG_5432.jpg
Canon EOS 7D/EF-S17-55mm F2.8 IS USM

IMG_5434.jpg
Canon EOS 7D/EF-S17-55mm F2.8 IS USM


ブログランキング挑戦中!!クリックしていただいた数でランキングが決まります。更新の活力になります。

写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

DA35mmF2.8 Macro Limited ゴーヤのツル

コンパクトな等倍撮影が可能なマクロレンズです。レンズ先端から3センチの近接撮影はフードが被写体に接触するくらい寄れます。マクロ域はきれいなボケを楽しむことができます。換算50ミリ付近ですので、標準レンズとして使っても違和感がありません。遠景の描写が弱点という話もありますが、あまり気にしたことはありません。金属製の鏡筒や、スライド式のフードなど質感も高いのでかっこいいのですが、唯一の不満は前玉が小さいので少し間抜けな感じがします。(個人的な好みですが)単焦点一本で出かけるならば第一の候補になるレンズです。

IMGP3841.jpg
PENTAX K-5/DA 40mm F2.8 Limited
前玉が小さく見える。

IMGP3850.jpg
PENTAX K-5/DA 40mm F2.8 Limited
リミテッドシリーズですので、距離目盛がかっこいい。

ゴーヤを接写で撮ってみました。必死にツルを巻きつける様子が、絆を求めているような気がしました。
IMGP4128.jpg
PENTAX K-5/DA35mmF2.8 Macro Limited

IMGP4129.jpg
PENTAX K-5/DA35mmF2.8 Macro Limited

IMGP4131.jpg
PENTAX K-5/DA35mmF2.8 Macro Limited

IMGP4132.jpg
PENTAX K-5/DA35mmF2.8 Macro Limited

IMGP4133.jpg
PENTAX K-5/DA35mmF2.8 Macro Limited

IMGP4141.jpg
PENTAX K-5/DA35mmF2.8 Macro Limited

IMGP4154.jpg
PENTAX K-5/DA35mmF2.8 Macro Limited

ブログランキング挑戦中!!クリックしていただいた数でランキングが決まります。更新の活力になります。

写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

DA★55mmF1.4 SDMについて 

 撮影機材シリーズ。今回は望遠短焦点レンズDA★55です。
 ペンタックスのHPでは、「切れ味と美しいボケ味の両立。 ポートレートに最適な大口径スターレンズ」と紹介されています。ポートレートはまず撮らないので、花なんかを撮るときに使うことが多いかな。めちゃくちゃぼかしたいときに使ってます。絞ってしっかりピントをあわせて詳細まで写し取りたいときにも良いと思います。
 かみそりのようなピントですので、シビアにピントをあわせないとがっかりな結果になることが多く難しいレンズでもあります。
 それにしても、35ミリ換算の85ミリってイマイチ使いこなせていないですね。FA77なんかをデジタルで使うことから覚えたので換算100ミリ超のほうが染み付いているのかもしれません。


IMGP0875_20120701095134.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
前玉のガラス部分が大きいのでかっこいいです。

IMGP0878.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
緑のラインと金のライン、金のエンブレムは好き嫌いが分かれるところでしょうか。

IMGP0879.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited

以下は、参考までにこのレンズを使った画像です。等倍チェックでは結構ピントずれしています。_| ̄|○
IMGP4200_20120701095321.jpg
PENTAX K-5/DA★55mmF1.4 SDM

IMGP4205.jpg
PENTAX K-5/DA★55mmF1.4 SDM

IMGP4207.jpg
PENTAX K-5/DA★55mmF1.4 SDM

IMGP4208.jpg
PENTAX K-5/DA★55mmF1.4 SDM

IMGP4210_20120701095356.jpg
PENTAX K-5/DA★55mmF1.4 SDM

IMGP4213.jpg
PENTAX K-5/DA★55mmF1.4 SDM
このレンズを遠景でも活用してみたくなりました。

ブログランキング挑戦中!!クリックしていただいた数でランキングが決まります。更新の活力になります。

写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDMについて

 大口径標準ズームの「DA★16-50」です。使いこなしがむずかしい「じゃじゃ馬レンズ」という評判もあります。開放ではやわらかい描写になります。絞ればシャープ。広角の湾曲はありますが、現像ソフトの補正を使えば問題はないと思います。湾曲を味として使うこともあります。
 24ミリ相当からの広角、2.8の明るさが便利で、いつも持ち歩くレンズになっています。DA16-45をメインで使っていたときもありますが、空気感というか繊細さはこのレンズのほうが上だと思います。油断しているとピンずれによる甘い描写になりますが(^^ゞ

IMGP0905.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
フィルター枠が77ミリなのでフィルターが高いです。

IMGP0906_20120701133059.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited

IMGP0909_20120701133058.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
超音波モーターによる静かなフォーカスは気持ちいいです。

以下は参考までにこのレンズを使った画像です。
IMGP4100.jpg
PENTAX K-5/DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM

IMGP4108.jpg
PENTAX K-5/DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM

IMGP4109.jpg
PENTAX K-5/DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM

IMGP4111.jpg
PENTAX K-5/DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM

ブログランキング挑戦中!!クリックしていただいた数でランキングが決まります。更新の活力になります。

写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

DA18-55mm F3.5-5.6ALⅡについて(飛騨高山東山遊歩道)

 ペンタックスのキットレンズDA18-55について書こうと思います。
 所有しているのは、DA18-55の2代目です。1代目より写りは良くなっているとか。もともと、DA16-45を標準レンズにして、デジタル一眼カメラを始めましたので、正直あまり使用していません。
 画質について、周辺は流れますが、中央付近は無難な映りです。各社のキットレンズは、しっかり写るレンズばかりなので、カメラを買ったらまずは、キットレンズを使い込むのが大切だと改めて思います。キャノンの18-55、ペンタックスの18-55どちらも甲乙付けがたいほど写りのよいレンズだと思います。
 このレンズは、花形でPLフィルター操作窓つきのフードが付いています。前玉も回転しませんので、PLフィルターを使うのに都合が良いと思います。大口径レンズと違いF値が暗いので、しっかり絞り込んで三脚でPL使ったりして、風景を撮ってみれば立派な作品が撮れると思います。軽いので気軽に持ち出して、さんぽスナップにも良いと思います。

IMGP0865.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
非常にコンパクトで軽いです。フィルター径もφ52なので、フィルターのコスト的にありがたいかも。前玉が回らないのでPLフィルターは使いやすいですね。

IMGP0868.jpg
PENTAX K-r/DA35mmF2.8 Macro Limited
キットレンズの割にはレンズ名のエンブレムが金属性で安っぽくないのがいいですね。現行のキットレンズDALシリーズでは、省かれている、クイックシフトフォーカスも付いています。

以下、参考までにこのレンズを使って歩いた、高山の東山遊歩道の画像を載せます。
IMGP0947.jpg
PENTAX K-r/DA18-55mm F3.5-5.6ALⅡ

IMGP0948.jpg
PENTAX K-r/DA18-55mm F3.5-5.6ALⅡ

IMGP0954.jpg
PENTAX K-r/DA18-55mm F3.5-5.6ALⅡ

IMGP0955.jpg
PENTAX K-r/DA18-55mm F3.5-5.6ALⅡ

IMGP0965.jpg
PENTAX K-r/DA18-55mm F3.5-5.6ALⅡ

IMGP0969.jpg
PENTAX K-r/DA18-55mm F3.5-5.6ALⅡ

飛騨高山 東山遊歩道

ブログランキング挑戦中!!クリックしていただいた数でランキングが決まります。更新の活力になります。

写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村

プロフィール

拍手画彩

Author:拍手画彩
使用機材:
PENTAX K-5Ⅱs
PENTAX K-3
Canon EOS 7DMark II
RICOH GR
Panasonic LUMIX DMC-ZX3
Panasonic LUMIX DMC-TZ30

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。