HOME   »  2007年02月
Archive | 2007年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖と橋その1


飛騨市宮川町
PENTAX_K10D/DA16-45mmF4ED_AL

スポンサーサイト

茶楽


飛騨高山
PENTAX_K10D/DA16-45mmF4ED_AL

今宮橋から真宗寺


飛騨古川
PENTAX_K10D/DA_50-200?F4-5.6_ED

青氷


高山市清見町
PENTAX_istDS2/FA28mmF2.8AL

本光寺の山門


飛騨古川
PENTAX_K10D/FA43mmF1.9_Limited

雪の谷川


飛騨古川
暖冬で現在はこんなに雪はありません。(ーー;)
PENTAX_istDS2/FA50mmF1.7

街角


飛騨古川
PENTAX_K10D/DA16-45mmF4ED_AL

卯の花街道より


飛騨古川
PENTAX_istDS2/FA50mmF1.7

杉玉


飛騨古川

杉玉(すぎたま)とは、スギの葉(穂先)を集めてボール状にした造形物。酒林(さかばやし)とも呼ばれる。日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。「搾りを始めました」という意味である。

吊るされたばかりの杉玉はまだ蒼々としているが、やがて枯れて茶色がかってくる。この色の変化がまた人々に、新酒の熟成の具合を物語る。

今日では、酒屋の看板のように受け取られがちであるが、元々は酒の神様に感謝を捧げるものであったとされる。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

PENTAX_K10D/FA43mmF1.9_Limited

燈篭


飛騨高山
PENTAX_K10D/DA16-45mmF4ED_AL

真宗寺


飛騨古川
PENTAX_K10D/FA43mmF1.9_Limited


軒先にある腕木に大工独自の模様を刻み込んだものを「雲」といいます。
飛騨古川
PENTAX_K10D/FA43mmF1.9_Limited

起し太鼓



飛騨古川
PENTAX_K10D/FA43mmF1.9Limited

札幌イルミネーション


札幌 テレビ塔付近
PENTAX_K10D/DA16-45mmF4ED_AL

ディスプレー


札幌
PENTAX_K10D/DA16-45mmF4ED_AL

プロフィール

拍手画彩

Author:拍手画彩
使用機材:
PENTAX K-5Ⅱs
PENTAX K-3
Canon EOS 7DMark II
RICOH GR
Panasonic LUMIX DMC-ZX3
Panasonic LUMIX DMC-TZ30

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。